FC2ブログ
スポンサードリンク

山根亜希子監修 FX専門学校

2008/10/14(火)
無料で配布されている
FX初心者が1万円を50万円にする方法
というDVDを見ました。

無料で配布しているので、
そんなに詳しくないだろうと思っていましたが、
良い意味で期待を裏切られました。^^

このDVDでは、

・ どんなFX口座を開設すればよいか
・ 初心者にオススメの通貨ペア
・ 初心者が1万円を50万円にする方法
・ どんなスキルをマスターするべきか
・ 普段はどんな情報を得るべきか

などを解説しています。

このDVDを見れば、初心者がFXで儲けるための
全体像がイメージできるので、自分で考えながら、
マジメに取り組める人なら、これで稼げるでしょう。

このDVDで1番いいことを言っているなーと思った内容は、
80%の人、いや95%の人がFXで儲けることができないのは、
短期間で大きく儲けようとするからだという部分です。

確かにそうですよね。

付け加えて、それは投資ではなくギャンブルだと言っています。

それを言われると耳が痛いですが、
まったくもってその通りです。^^;


これって、FXだけじゃなく、いろんなことにも言えることですよね。

例えば「投資」ではなく、
「ネットビジネス」や「アフィリエイト」でも
同じことが言えます。

「スポーツ」でも同じことが言えるんじゃないでしょうか。

このDVDでも言っていますが、
結局、裏技的なものは短期間で使えなくなり、
時代や流行に影響されずに長く成功しつづけるには、
オーソドックスな方法が1番いいということです。

これを納得して実行できるかどうかで、
成功できるか、ドツボにハマるか分かれると思います。


この無料のDVDをゲットしたい方は、ココをクリックして下さい。
(DVDは無料ですが、送料として1000円かかります)


スポンサーサイト

インカムゲインの不安要素

2008/06/18(水)
現在では時代も変わり、悲しくなるような低金利政策が
長く続いていますよね。

そんな時代だからこそFX投資が流行する訳ですが、
実はインカムゲインまたはスワップポイントには、
不安定要素が2つほどあるんです。

まず1つ目は、為替相場の変動です。

例えば、1万ドルが120万円から100万円に下落した場合には、
20万円の含み損が発生しますので、おおむね予定していた利息収入の
4年分くらいは食いつぶしてしまいます。

さらに利息収入も減る訳ですから、含み損も含めて
10年間の利益は半減してしまいます。


2つ目は、通貨銘柄の相手国の金利変動です。

FXのインカムゲインは自国と相手国との金利差を利用して稼ぐので、
相手国の利率が下がれば、インカムゲインも当然下がります。

このように、インカムゲインだけでのんびり儲けようとすると、
相手国の金利変動までチェックしなければならないので、
FX初心者には簡単なようで、実は難しくて割に合わないと言えるかもしれません。

ですから、常に為替相場をチェックするのは当たり前として、
キャピタルゲインで着実に稼ぐことを基本にし、インカムゲインは、
おまけとして考えておくのがいいでしょう。

もちろん、人それぞれ考え方は違うので、そこは個人個人の判断となりますが、
個人的にはFX初心者だけではなく、全てのFX資産運用家に
言えることだと思っています。

インカムゲイン(利息収入)

2008/06/17(火)
FXの魅力の一つはインカムゲイン(利息収入)があることです。

FX取引で大きく儲けるには、キャピタルゲインを中心に
考える必要があると言いましたが、インカムゲインも無視することは
できません。

利息収入については、普通の外貨預金や外貨MMFでも同じですが、
FXの場合は利息を日々受け取れるということと、スワップポイントと言って、
通貨間の金利差を利用して稼ぐので、利率が高いのが特徴です。


ただしFXは外貨預金とは違い、FX取引は積極的に儲けていく投資ですから、
FX初心者とはいえ利息収入に安住するのは好ましくありません。

というのも、1万ドル(日本円で約120万円とします)に対して、
年利5%の利息がつけば、利息収入は年6万円になります。

複利で運用できますから、10年後の利息収入は約75万円にもなります。

これはこれで結構な資産運用で、実は日本でも20年くらい前までは、
普通のスーパー定期預金でも、これくらいは稼ぐことができたのです。


キャピタルゲイン安く買って高く売る

2008/06/16(月)
キャピタルゲインは、要するに「安く買って高く売る」ということです。
これは株でも一般のビジネスでも原則は同じです。

ただし、FXが株式投資や商取引と違うところは、
為替レートが上がっても下がっても儲けが出せるということが挙げられます。
言い換えれば「高く売って安く買う」という取引が出来るんです。

というのは、株式投資や商取引が「買い(仕入れ)」から入るのに対して、
FXは「売り」から入ることができるからなんです。

たとえば、 1ドル=120円で1万ドル(120万円)売った場合、
1ドル=110円になったとき1万ドル(110万円)分を買い直せば、
10万円(120万円-110万円)の利益が出ます。

このように、FXのキャピタルゲインは、相場高、
相場安の両面から攻めていくことができるんです。

FX初心者は、まずキャピタルゲインの練習からはじめるべきでしょう。

バーチャルFXというゲーム感覚で出来るサービスがあるので、
そこで練習してみるのも良い方法ですよ。

キャピタルゲイン(為替差益)

2008/06/15(日)
FX初心者の方にもわかるように、
FX取引でいう「キャピタルゲイン」について説明します。

FXで行われる取引には、大きく分けて、
「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2つがあります。

まずキャピタルゲインについてですが、日本語では「為替差益」で
儲けることを言います。

為替差益は、FX取引の基本です。

いわゆる株の相場差益に相当するもので、
大きく儲けるには、キャピタルゲインを中心に考える必要があります。

理由は後で説明しますが、金利のみで儲けようとしても、
為替レートがほんの少し変動しただけで、利益がとんでしまい、
損はしないが儲けもでないということになってしまうからなんですね。

これでは、FX初心者は全然面白くないと思います。

もちろん資産を守るという考えで、外貨口座を開設しているのなら、
それはそれでいいでしょう。

ただFX取引で儲けようと思ったら、まずは為替差益で儲ける
キャピタルゲインを中心に考えるべきなんです。



↑Page Top↑